てるてるブログ

てるてるぼうずの日常やらお勉強やら

Instagram API

Posted on | 4月 28, 2015 | No Comments

Instagram APIのお勉強のメモ。

写真投稿サービスのInstagram
APIも発行してます。

使用するのにアクセストークンを発行してもらわなければ行けないのですが、それがちょっと面倒だったので方法をメモメモ……

アプリケーション登録

  1. Instagramにアプリケーション登録をします。
  2. Instagramトップページの下部のメニューから「API」と言う項目をクリックして開発者ページ
  3. 「Register Your Application」というボタンから開発者プロフィールの登録画面へ行き必要事項を登録(ログインしてなかったらログインしてくださいね)
  4. 右上の緑色のボタン「Register a New Client」をクリックし、こちらで開発するアプリケーションのあれこれを登録
    • Application NameやDescriptionは適当でも良さそうです。
    • 「WebSite」は、登録するサイトのURLを入力し、「OAuth redirect_url」には、アプリ認証用のプログラムの配置先のURLを指定します。
    • 「Security」タグから「Disable implicit OAuth」と「Enforce signed header」のチェックを確認。
      デフォルトでは「Disable implicit OAuth」にチェックが入っているかと…
      insta01
    • 「captcha」の文字を入力して登録!
  5. アプリの登録が完了で、固有の「CLLENT ID」と「CLLENT SECRET」が発行されます。

アクセストークンを取得

アプリケーションの登録が終わったら、ようやくAPIを利用するのに必要なアクセストークンを取得できます。

  1. 下記URLに先ほど取得した「CLLENT ID」と「RedirectURL」を入力してブラウザでアクセス。
    https://instagram.com/oauth/authorize/?client_id=【CLIENT_IDを入力】&redirect_uri=【REDIRECT_URLを入力】&response_type=token
  2. 認証画面がでてくるので「Authorize」をクリック。
  3. 「redirect_url」で指定したページが表示され、そのページのURLのパラメーターにアクセストークンが付与されてます。
    http://【REDIRECT_URL】#access_token=【ACCESS_TOKEN】

パラメータ部分のアクセストークンをメモしておいてください。

途中でエラーとかがでてしまった場合、「Disable implicit OAuth」のチェックを外してみる等してください。

そんなこんなで多分…大丈夫!

« »
トラックバックURL:

Comments

Leave a Reply





*

About

てるぼうず

てるてるぼうずな日常やらお勉強やら

旧ブログ倉庫 »
旧ブログの記事をお探しの方はこちらから

Admin