てるてるブログ

てるてるぼうずの日常やらお勉強やら

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝

Posted on | 12月 12, 2012 | No Comments

ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝試写会で観てきました。

ジェット・リー主演、ツイ・ハーク監督の3Dカンフーアクション。
まあ、試写会では2Dだったんですけどね(–;)

やっぱ3Dの映画は3DDで見た方がいいですよね。
所々に3D的演出が見られて、これ3Dでみたらどんな具合になるのかな?なんてことをいちいち思いながら見てました。
作り手が見て欲しいと思っている方法で見るのがその映画を一番楽しめる方法なんでしょうけどねぇ。なかなかねぇ(^^;)
砂漠の砂嵐のシーンとか3Dで見たらもっと迫力あったんだろうなとか思います。


明の時代の中国が舞台。
辺境の地に60年に一度の砂嵐で現れるという伝説の黄金都市の伝説。
その黄金都市の秘宝を狙って集まった盗賊たちと皇帝の子供を身ごもった官女に彼女を追う刺客、それを阻もうとする剣客。
それぞれが入り乱れて壮絶な戦いを繰り広げる…

壮大なストーリーにツイ・ハークお得意のワイヤーアクションも加わって、もはや人の技とは思えないような戦いが繰り広げられます。
香港映画のワイヤーアクションを見慣れてる人にはいいかもしれないですね。
私も結構好きな方なので楽しめました。
ただちょっとCG感が強すぎて、折角のジェット・リーのアクションがいまいち堪能出来なかったように思えたのが残念。
もっと生身で打ち合ってる感が強くても良かったのになぁ。

でも登場人物たちはそれぞれ個性的で魅力があった。
盗賊団の女首領に韃靼人の女首領。要するに女優陣が結構魅力的でした。

ストーリーの方はまあ分かりやすい勧善懲悪な武侠映画風。
ラスト付近の誰が裏切るか!?的な緊張感は結構ハラハラさせられたな。
ジェット・リーと恋人の話しはもっと素直にハッピーエンドになっても良かったのに…とは思ったけどね。

« »
トラックバックURL:

Comments

Leave a Reply





*

About

てるぼうず

てるてるぼうずな日常やらお勉強やら

旧ブログ倉庫 »
旧ブログの記事をお探しの方はこちらから

Admin