てるてるブログ

てるてるぼうずの日常やらお勉強やら

ヒューゴの不思議な発明

Posted on | 2月 24, 2012 | 3 Comments

試写会で観てきました。

3D試写会と言うことで映画会社の試写室のような会場での試写会。
これから3D映画が増えてきたら試写会場確保も大変になるのかな?

ま、そんなことはともかく「ヒューゴの不思議な発明」。
マーティン・スコセッシ監督でアカデミー賞5部門受賞ってことでちょっと話題になってますね。
映像とか撮影部門とかの受賞が多いようですが、確かに映像がすごい!
これは3Dで観るべき!って映画でした。
試写会場の小さなスクリーンでもそうだったから映画館の大きなスクリーンで見たら迫力あるだろうな、と思わせる作品。


3Dで映えるのってSF的世界とかアクションものなイメージがあったんだけど、パリの街並とかそういった何気ない描写でも見応えがあるんだと感じさせる作品。
もちろん、昔の映画の撮影風景とかオートマター(機械人形?)や時計台の内部などの幻想的なシーンもたくさんありますが。

原作が児童文学ってこともあって、ストーリー的にはそんなに難しくないかな。
映像美と映画愛に満ちた作品。

古い映画の映像とか創成期の頃の撮影風景等が描かれていて、映画史なんかを知ってるともっと楽しめたんじゃないかなと思った。
もちろん知らなくても充分楽しめましたけどね。
水槽越しに映画を撮影しているシーンがあったのだけどそのシーンがなんとも不思議な感覚で面白かった。

トラックバックURL:

Comments

3 Responses to “ヒューゴの不思議な発明”

トラックバック

  • よしなしごと
    7月 20th, 2012 @ 1:01 AM

    映画:ヒューゴの不思議な発明

     今年の第84回アカデミー賞で最多11部門でノミネートされ、同着最多5部門で受賞した作品ヒューゴの不思議な発明。僕の好きなクロエ・グレース・モレッツちゃんも出ているので絶…

  • Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
    5月 14th, 2012 @ 1:01 AM

    ■映画『ヒューゴの不思議な発明』

    映画監督マーティン・スコセッシの“映画愛”にあふれた映画『ヒューゴの不思議な発明』。

    ファンタジックな3D映像で子ども向けの作品なのかと思いきや、子どもたちの冒険を通して…

  • 映画のブログ
    3月 25th, 2012 @ 9:28 PM

    『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った

     【ネタバレ注意】

     本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。
     『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱ…

Leave a Reply





*

About

てるぼうず

てるてるぼうずな日常やらお勉強やら

旧ブログ倉庫 »
旧ブログの記事をお探しの方はこちらから

Admin