てるてるブログ

てるてるぼうずの日常やらお勉強やら

リアル・スティール

Posted on | 12月 22, 2011 | 1 Comment&trackback

ヒュー・ジャックマン主演のロボット格闘&父子愛映画。

人間同士の格闘技に代わってロボット同士が殴り合う格闘技が主流になっている近未来が舞台。
とにかくダメ親父だった主人公と無性にかわいい息子の交流物語。
ロボット格闘技のシーンもベタながら燃えました。
なんとなく結果は分かってるけど手に汗握る迫力!

バカ親父のバカっぷりにたまにイライラさせられましたけどね。息子が出来過ぎだろ?と思うこと何度か…
子供が出来た途端、母親と子供を捨ててその母親が死んたことすら知らずに、知ってもその養育権を欲しがってる叔母がいると知ったらこれ幸いと売っぱらってしまおうとする…息子(でロボットオタク)だから良かったが娘だったりした虫けら扱いされてたんじゃなかろうか…
まあ、そのバカ親父の再生物語でもあるんですよね。


ロボットと言えば日本!なのか、ゲームと言えば!なのか分かりませんが、結構日本がフューチャーされてるシーンがあって、ところどころでニヤリとさせられました。
「超悪男子」のノイジー・ボーイとか気になって気になって(^^;やっぱ、タクさんが真面目にあのペイントを考えたのだろうか?
どっちにしても、あのバカ親父が無計画にノイジー・ボーイを実戦投入さえしなければ…(ToT)

ロボット格闘技の設定というか世界観なんか、日本のアニメとかにありそうですよね。
小さいロボットをカスタムして戦わせる、みたいなやつ。
ポケモンバトルも似たようなもんか(あんなに殺伐としてはいないだろうけど…)。
音声入力で戦闘指示とか「行け!アトム!電撃だ!」とか言っちゃいそう(^^;

リアル・スティール (角川文庫)
リチャード・マシスン

リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
リアル・スティール DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ヒュー・ジャックマン , ダコタ・ゴヨ , エヴァンジェリン・リリー , アンソニー・マッキー , ケヴィン・デュランド
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
トラックバックURL:

Comments

One Response to “リアル・スティール”

トラックバック

  • Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
    1月 21st, 2012 @ 7:56 PM

    ■映画『リアル・スティール』

    最初、この映画の情報を見た時は「ロボット・ボクシング? 何それ面白いの?」と、あんまり期待していなかった私。

    でも、映画を観ている最中から「おお、超悪男子、カッコいい…

Leave a Reply





*

About

てるぼうず

てるてるぼうずな日常やらお勉強やら

旧ブログ倉庫 »
旧ブログの記事をお探しの方はこちらから

Admin